■2部屋を合わせて1部屋にするリフォームにかかる費用はいくら?

スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納


スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納


一覧はここをクリック↓
商品名川島織物セルコン I'mシリーズ ME2504タテ使いレース スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻サイズ幅、カン下寸法ともに1cm間隔で製作可能備考共布タッセル付き。カーテン幅の寸法はカーテンレール両端の固定ランナー間より1.05倍程を推奨いたしております。どうしても生地が波打つ分、生地がひっぱられ、幅にゆとりを持たないとカーテンが閉じきらなくなる事がございます。(※1.5倍ヒダや2倍ヒダなどのヒダ部分は縫われているため伸びません。)カーテン丈は生地総丈ではなく、カーテンレールのランナー穴下から窓枠下が隠れる長さの「カン下寸法(cm単位)」 でご注文くださいませ。生地総丈 = カン下寸法 + カン上寸法(AかBフックのタイプにより異なります)★Aフックはフック上寸法約1cm、Bフックはフック上寸法約4cm ★色見本は各メーカーとも4色まで1枚ずつ、お送りいたします。バリエーションスタンダード 下部3ッ巻  2倍ヒダ・3つ山・両開き  2倍ヒダ・3つ山・片開き  1.5倍ヒダ・2つ山・両開き  1.5倍ヒダ・2つ山・片開き  フラット・両開き  フラット・片開きソフトウェーブ 下部3ッ巻  2倍ヒダ・3つ山・両開き  2倍ヒダ・3つ山・片開き  1.5倍ヒダ・2つ山・両開き  1.5倍ヒダ・2つ山・片開き  フラット・両開き  フラット・片開き送料について離島や中継手数料の発生する地域は、別途地域料が必要です。その場合、一旦送料をご連絡致します。返品・交換について不良品・当方での手配間違い等以外は一切お受けできません。関連キーワード:オーダー 調光 夏 西日 コンパクト カーテン カフェカーテン カーテンレール カーテン 小窓タイプ オーダー 小窓 掃除 取り付け 価格 激安 外し方 出窓 和室 通販 修理 ショールーム 天窓 窓 デメリット インテリアメーカー メーカー 比較 インテリア 評判 遮熱 クリーナー 掃除方法 紐 交換 カラー 家具 ネットショップ シェード グッズ カタログ 採光 間仕切り オーダー コード オフィス 突っ張り棒 クリーニング インテリア専門店 販売 幅 防音 カーテンとブラインド オフィス ブラインドとカーテン 布製 窓まわり 格安 新築 突っ張り 値段 修理 diy 株式会社 窓周り チェック 会社 窓のインテリア インテリア商品

スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納


スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納,スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納.

サンゲツのオーダーカーテン(STRINGS) タイルカーペット;【送料無料】-コクヨ(KOKUYO)ワークフィットハイテーブル両面2412(SD-WFA2412HSAAMAW)-【代引き不可商品】【コクヨ家具】 オフィスチェア?【オーデリック シーリングファン シーリングファン】【せしゅるは全品送料無料】【セルフリノベーション】 シーリングファン 【WF 806PC】【WF806PC】 紙巻器. タップ ドガ【世界の名画・複製画・ポスター・レプリカ】【送料無料】【smtb-k】【w2】【FS_708-7】【H2】 【代引不可】青衣の踊り子 オススメ.アスワンオーセンスAUTHENSEイメージ ラグ,スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納!サンゲツのオーダーカーテン(STRINGS) タイルカーペット,!

東リプラスボヌールカーテンのイメージ画像 タイルカーペット.アスワンオーセンスAUTHENSEイメージ ラグ.サンゲツのオーダーカーテン(STRINGS) タイルカーペット,?サンゲツのオーダーカーテン(STRINGS) タイルカーペット!スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納.東リプラスボヌールカーテンのイメージ画像 タイルカーペット,LM OIS FUJIFILM/フジフイルム F XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS フジノンレンズ ファッション XF55-200mmF3.5-4.8 R レディースウェア.デザインボードベッド Bibury ビブリー スタンダードポケットコイルマットレス付き スチール脚タイプ ステージ キング(K×1) フレーム幅200..

サンゲツのオーダーカーテン(STRINGS) タイルカーペット!スミノエmodeSカーテンのイメージ画像 タイルカーペット.サンゲツのオーダーカーテン(STRINGS) タイルカーペット?お客様組立 国産跳ね上げ収納ベッド Freeda フリーダ 薄型プレミアムポケットコイルマットレス付き 縦開き セミシングル 深さレギュラー イーグルアイ!スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納.,-宮廷残酷史- 邦画・洋画 DVD-BOX2/キム・ヒョンジュ[DVD]【返品種別A】 【送料無料】花たちの戦い アニメ!スミノエmodeSカーテンのイメージ画像 タイルカーペット.

スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納.レンジファインダー】 ランク:C 【中古】【C】 (ライカ) カメラバッグ買取 Leica IIf(シャッター速1/500)【中古カメラ レンジファインダー(ライカ),サンゲツのオーダーカーテン(STRINGS) タイルカーペット!

組立設置連結棚・コンセント付収納ベッドErnestiエルネスティデュラテクノスプリングマットレス付き床板A+BタイプワイドK240(SD×2)*500026203 デスク!.


スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納,スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納 I'm(アイム)



スタンダード縫製 フラット・片開き 下部3ッ巻▼川島織物セルコン !'mシリーズ  ムートン ME2504I'm アイム 【送料無料】オーダーカーテン▼タテ使いレース インテリア・寝具・収納


・ DK物件はLDK物件よりも人気がない?
・ 部屋数を変更するリフォームにかかる費用は?

賃貸アパートの種類も最近ではかなり多くなっています。
単身向けだけではなくファミリー向けのアパートも多くなりました。

最近の人気を見てみるとダイニングキッチンのみの物件、いわゆるDK物件より
リビングが一緒になっているLDK物件が注目されているようです。

例えば同じような広さの2DKと1LDKの物件では1LDKの方が先に入居が決まる
ということも多くあるようです。

ダイニングキッチンとリビングの間のドアを最大に開放してLDKのように
使うことも出来る、と説明してもやはり最初からLDKの物件に人気が集まります。

そこで2部屋ある賃貸アパートを1部屋にリフォームすれば入居希望者を
多く集めることが出来ないかと考えています。

でもこのような部屋数を変更するためのリフォームではどれ位の費用が必要に
なるのでしょうか?

リフォーム事例と合わせて必要な費用を確認してみます。

■2DKを1LDKに変更するためのリフォーム費用は?

・ 壁を取り除くだけならそれほど費用がかからない
・ キッチンなどの変更をするなら200万円から300万円くらい

単純に部屋の壁を取り払って2部屋を1つにまとめるだけなら実はそれほど
大きな金額が必要ではありません。

部屋の大きさなどで金額が変わるのですが安いところなら坪単価25,000円位で
壁の撤去をしてもらうことが出来ます。

ただ普通は壁を取り除くと床の変更も必要になりLDKにするならキッチンの位置を
変更することも必要になる可能性もあります。

壁紙の交換なども合わせてリフォームをするなら大体200万円くらい、キッチンを
新しいものに変更する設備交換もするなら300万円くらいが必要になります。

DKの部屋は最近ではあまり作られていないので築年数の高いアパートに多くあります。
当然利用されている設備も古くなっているものが多いはず。

そこで設備交換なども同時に行うことでリフォーム済み物件として貸出ができる
という事も考えられます。

リフォーム済み物件なら家賃を今までよりも高く設定することも可能ですが
周辺物件の家賃も考えて設定する必要があります。

■部屋数を変更するリフォームをすれば集客力は上がる?

・ 人気設備を導入すると注目されやすい
・ リフォームするときにはバランスを考える

部屋数を変更するようなリフォームをすればアパートの集客力を上げることは
出来るのでしょうか?

実際に入居が決まる要素になりやすいのはどれ位人気の設備が導入されているか
部屋がきれいになっているかなどです。

最近ではあまり建設されていないDKのアパートではやはり利用されている設備が
古くなっていることも多いために人気が出ません。

人気のある設備を見てみるとシャワートイレなど古いアパートではあまり
導入されていない設備が目立ちます。

シャワートイレが一般的に普及していて実家でもシャワートイレが生まれたときから
使っている人は一人暮らしや結婚後の新居でもシャワートイレを希望します。

それに3点ユニットバスではなくバス・トイレ別になっている部屋を希望する
という人も多く、これもDKアパートでは厳しいところです。

ただ、このようなリフォームも個別に随時行っているとかなりチグハグな印象の部屋が
出来上がってしまいます。

LDKにリフォームする時にはキッチンと壁、床などの統一感がとても重要になります。
リフォーム後の部屋のバランスなども考えて工事をするようにしましょう。

■工務店を探す時には必ず相見積もりをすること

・ リフォーム費用の相場を確認することは重要
・ インターネットの一括見積もりサイトも利用する

部屋数を変更するようなリフォームでは工事にかかる費用が大きくなります。
その為に出来る限り安く、きちんと工事をしてくれる工務店探しが重要になります。

アパートの管理会社が紹介してくれる工務店もいいのですが、場合によっては
自分で探したほうが安くなることも・・・

そこでリフォーム工事をするときには必ず相見積もりをするようにしましょう。
複数の業者に見積もりを頼んで比較検討することをおすすめします。

業者の見積書には一般人にはわかりにくいことも多くありますが、複数の見積もりを
見ることである程度のリフォーム費用の相場を知ることができます。

実際に訪問見積もりをしなくてもインターネットで簡易見積りをもらうだけでも
相場を確認するには十分です。

ネット上なら簡易見積りを一度の入力で複数もらうことが出来るサイトもあります。
これを上手に利用すればある程度の相場を知ることができます。

ぜひ相見積もりをしてきちんと相場を確認しながらリフォーム工事を頼みましょう。

■賃貸アパートのベランダをリフォームするときに必要な費用はいくら?

・ ベランダのリフォーム、修繕にかかる費用は?
・ ベランダのリフォームをすると集客力が上がる?

賃貸アパートの経営をしているときには多くの設備のリフォームで悩むことになります。
室内設備を充実させることは入居希望者の増加にもつながるためです。

そのために室内設備のリフォームを考えることが多くなりますが、その他にも修繕などを
考える必要があるところは意外に多くあるのです。

その1つがベランダや外壁、屋根などの外装部分のリフォームです。
ここをしっかりとリフォームすることがとても重要と考えられています。

でも実際にベランダなどをリフォームする時にはどれ位の費用がかかるのでしょうか?
賃貸アパート全室のベランダをリフォームするとかなり高額になるのでしょうか?

あまり高額になるならその費用の分だけ入居希望者が増えるなどの効果を
実感したいところです。

入居希望者を増やすためにベランダのリフォームは効果的なのでしょうか?
外装リフォームについて色々と調べてみました。

■ベランダのリフォームにはいくらかかる?

・ リフォーム内容によって費用が変わる
・ 屋根などの設置でも20万円くらいで可能

まずはベランダのリフォームをするために必要になる費用を調べてみます。
どれ位の費用がかかるのでしょうか。

ベランダのリフォームでも色々な工事が考えられます。
単純に防水加工や清掃、その他には屋根の設置などもあります。

これらの工事内容によって金額は変わりますが、屋根設置の単純工事の単価は
10万円から20万円くらいです。

屋根の商品単価が大体5万円から8万円程度、工務店によっては工事費も含めて
これくらいの金額で行うことが出来るようです。

これを2階部分のすべての部屋に行ってもそれほどの金額はかかりません。
ただベランダのリフォームは屋根の設置だけではありません。

防水工事には5万円程度、1階部分の屋根をベランダに変更する場合には
30万円程度の工事費が必要になります。

これが単価なのでリフォームをする部屋の数だけその金額が必要になります。

■外装のリフォームをすると入居希望者が増える?

・ アパートの第一印象は外装の印象
・ 庭や駐車場の清掃をすると好印象を持つ人が多い

ベランダなどのリフォームはそれなりに費用がかかることがわかりました。
でもこれら外装のリフォームをすることに効果はあるのでしょうか?

確かに内部の設備に比べると集客力が高くなるという効果が実感しにくいのが
外装リフォームです。

でもアパートの第一印象は外装で決まります。
それはアパートを最初に見るのは内部ではなく外装だからです。

どんなに部屋がきれいでも外階段が汚れている、壁のひび割れなどが目立つという
アパートはあまりいい印象を持ってくれません。

そこで入居者がいないときでも部屋や庭の掃除をしておくとかなりきれいな部屋という
印象を持たせることが出来るようになります。

駐車場があるアパートならきちんとゴミや雑草を取り除いておくときれいなアパート
という印象を持ちやすくなります。

入居希望者に良い印象を持たせるためには外装のリフォームをしっかりとしておくことが
とても重要になります。

■外装のリフォームはどれ位の頻度で行うのがいい?

・ 壁の塗り直しは10年位が目安
・ 屋根の葺き替えは30年、ベランダの防水加工は10年位

では外装のリフォームをするのはどれ位の周期でするのがいいのでしょうか?
壁に日々が入れば当然すぐにリフォームするのが好ましいです。

それ以外にリフォームとして考えられるのはシーリングなどの防水加工です。
外壁や屋根、ベランダは雨などが染み込むと劣化が速くなります。

そのために定期的に防水加工をします。
これは壁の塗り直しの時に一緒にやるのがおすすめです。

こまめに清掃をしていても外壁は劣化して割れてしまうこともあります。
そこで10年位で塗り直しをして、その時に一緒に防水加工をします。

この時にベランダや屋根も一度に頼むと工務店によっては割引ができる
という可能性もあります。

屋根の葺き替え、瓦の交換や板金の張替えは大体30年を目安に行われます。
アパートが軽量鉄骨で出来ているなら建て替えの時期も考えて葺き替えをしましょう。

木造建築なら基礎に腐食がない場合は大規模修繕で20年は耐久年数が伸びると言われ
実際にかなりの築年数でも現役のアパートも多く残っています。

建て直しが必要な軽量鉄骨は50年位が耐久年数の限度と言われるのでリフォームをする
タイミングをきちんと見極めるようにしましょう。

■パナホームのアパート管理はリフォームも出来る?

・ パナホームのリフォーム費用は安い?
・ アパートのリフォーム周期はどれ位?

賃貸アパート経営は色々なリスクが付いてきます。
それを軽減するためにはいろいろな努力が必要になります。

大きなものとしては空き部屋問題があります。
アパートの入居希望者が少なくなれば当然収入が少なくなります。

それを防ぐためにはきちんとアパートの設備を充実させて使いやすい部屋を
保つことが必要になります。

ではその設備を保つためのリフォームはどれ位の費用がかかるのでしょうか?

例えばアパートの借上げ一括管理などをしているパナホームではリフォームにかかる
費用を安くすることは出来るのでしょうか?

それに設備を含めたアパートのリフォームはどれ位の周期で行われるのが
一般的なのでしょうか。

マンションの大規模修繕のように家賃収入をきちんと積み立てて大規模なリフォームを
準備するのはどれ位の期間が必要なのでしょうか。

パナホームのアパート経営について確認してみます。

■パナホームではアパートのリフォームをしている?

・ 土地活用でアパート経営をサポートするのがパナホーム
・ 基本的には戸建住居のリフォームが中心

まずはパナホームについて確認をしてみます。
こちらでは住居の建設や土地活用などを業務として行っていました。

土地活用の方法としてアパート経営をする人に向けてのサポートサービスを
提供しているのがパナホームです。

アパートの建築から一括借上げによるアパート管理を行っていました。
管理の中にはリフォームへの相談などもあるようです。

ただ基本的には戸建住宅の商品が多く、土地活用の一環としてアパート経営の
サポートサービスがあります。

その為に既存のアパートをリフォームする場合にはパナホームではなく
パナソニックリフォームに頼むことになります。

パナホームで立てた住宅のリフォームについてはパナホームで相談をすることが
出来るようになっています。

でも実際にリフォーム工事を行うのはパナソニックリフォームということも多く
特にアパートリフォームではこちらを紹介されることが多いようです。

■パナソニックリフォームの費用は安くなる?

・ 大手工務店になるので費用は地元業者に比べると高め
・ 保証制度などが充実していて相談窓口が豊富

ではパナソニックリフォームで工事の依頼をすると安くなるのでしょうか?
パナホームでアパートを建てた場合でもそれほど料金に違いはないようです。

それにパナソニックリフォームは大手のリフォーム業者です。
そのために実際に工事を請け負っているのは下請けや子会社です。

大手業者では中間マージンを取ることが多いのでパナソニックリフォームで
工事依頼をするとやはり地元業者に比べれば多少高くなります。

ただ、大手業者のメリットとして工事のあと、保証期間があり万が一の時にも
安心して工事を任せることができます。

工事後に不具合が見つかっても保証期間以内なら何度でも無償修理をすることが
出来るというのが大手業者のメリットです。

しかもパナソニックリフォームは全国展開の業者なのでどこの地域でも相談できる
窓口を簡単に見つけることができます。

アパートリフォームに対応している工務店がどこでも見つけることが出来て
すぐに相談できるというのは大きな魅力だと思います。

■リフォームはどれ位の周期で行われる?

・ 外装のリフォームは10年毎の塗替えが目安
・ 設備交換は商品の耐久性にもよるが20年から30年が目安

では実際にアパート経営をしている時にどれ位の頻度でリフォームをすることに
なるのでしょうか?

全体的なリフォーム、アパートの建て替えなどは建築物の耐久性で決まります。
木造建築なら基礎が腐らなければ50年以上問題なく利用できる建物もあります。

軽量鉄骨などは50年位で建て替えが必要になります。
その間にどのようなリフォームが必要になるのでしょうか。

外壁のリフォームは基本的に10年毎の塗替えで対応することができます。
その時に防水性などの確認をして補強すれば30年位は問題なく使い続けられます。

屋根は葺き替えが必要になるまで30年位、外階段は塗装や部品交換が10年ごと
本体の交換が必要になるのが30年程度と言われています。

部屋の設備に関しては商品自体の耐久性にもよりますが浴室の交換が20年程度
給湯器も15年から20年程度で交換が必要と言われています。

アパートのリフォームはこのようにかなり細かく必要になるものです。
でも入居者の契約期間などもありすべてを順調に行うのはかなり難しいと思います。

大規模なリフォームをするためにも計画的に家賃収入の積立をしておくことが
おすすめです。

■バランス釜の風呂は入居希望者が少ない?

・ バランス釜の風呂にしておくメリットは有る?
・ 風呂場のリフォームにはどれ位の費用がかかる?

築年数が増えてくるアパートでは設備のリフォームなどが必要になります。
新しい設備を導入することで入居希望者を増やすことにもつながります。

色々な設備が注目され、最近では防犯系の設備が充実しているアパートには
女性も集まりやすくなっています。

でも新しい設備の導入と同じように今までの設備を変更することも必要です。

特に古いアパートで利用されているバランス釜は人気がないと言われています。
若い世代の方にはバランス釜がわからない方も多くなっているためです。

屋外給湯器が一般的になり、部屋の給湯が一括でできるようになったために
最近では一般家庭でバランス釜の風呂を使っているところは少なくなりました。

その為に一人暮らしなどで賃貸アパートを借りる時にもバランス釜の使い方が
わからないので敬遠される傾向にあるそうです。

それなら今の賃貸住宅でバランス釜を利用し続けるメリットは有るのでしょうか。
バランス釜をリフォームするならどれ位の費用がかかるのでしょうか。

風呂場のリフォームについて調べてみました。

■バランス釜を使うメリットとデメリットとは?

・ 追い焚きが出来る、電気が止まっても利用できる
・ 浴室が狭くなる、換気に注意が必要

まずはバランス釜について詳しく確認をしてみましょう。
バランス釜とは浴室内に設置するガス給湯器のことです。

バランス釜の内部で水道水を温めてから出すのでカランで浴槽にお湯を張る以外に
シャワーを利用することもできます。

更に浴槽と直接つながっているので浴槽にためた水を沸かすこともできます。
つまり追い焚きが簡単に出来るようになります。

しかも電気を使わないので停電中でもガスと水道が止まっていなければ風呂に
入ることができます。

このようなメリットが有るバランス釜ですが最近では使われなくなっている
デメリットもあります。

まずバランス釜は浴室内に設置する、しかも浴槽に並べておくので浴槽が狭く
ガスを使っているので浴室の換気がとても重要になります。

最近の窓のないユニットバスに設置するのはかなり難しいと思います。

それとバランス釜を利用するためにはまず口火をつけて釜の中で点火をする
という準備が必要になります。

ボタンを押して蛇口をひねればお湯が出る、という簡単なものではないので
使い慣れていない人は難しい作業のように感じるようです。

■バランス釜のリフォームにはいくらかかる?

・ 浴槽の交換と屋外給湯器の設置は必要
・ 浴室内のリフォームやオプション設置で金額が変わる

では実際にバランス釜をユニットバスにリフォームする場合の費用を調べてみます。
工事内容としては浴槽の交換と屋外給湯器の設置が必要です。

浴室内からバランス釜を取り出して屋外の給湯器を設置します。
バランス釜がなくなることで浴槽が広く出来るというメリットもあります。

給湯器の操作パネルに電気が必要なので拝殿工事などが必要になりますが
基本的にはこの浴槽と給湯器の交換で30万円くらいになります。

浴室内に別のオプション、浴室乾燥機などを設置すればその料金分の
リフォーム費用がかかることになります。

シャワー水栓は新しい浴槽に付属していることも多いのでオプションを付けなければ
これくらいの金額でリフォームをすることができます。

浴槽の交換に合わせてユニットバスに交換する場合はユニットバスの商品代金が
大体30万円くらいになります。

配管工事なども合わせると50万円くらい、パックプランが利用できればさらに
安くすることもできそうです。

■バランス釜をリフォームすることで入居希望者が増える?

・ 実家で使い慣れた設備の部屋を借りる人は多い
・ ターゲットの年齢層を考えてリフォームをする

バランス釜のリフォームにかかる費用はわかりました。
では実際にリフォームをすることで入居希望者は増えるのでしょうか?

単身者向けのアパートの事情を考えると確かにバランス釜の部屋を嫌うという
若い人は多くなっています。

バランス釜を見たことがない人も多く、ガスで沸かす風呂釜を怖がる人が多くなった
という話も聞きました。

たしかに昔のバランス釜は空焚きによる火災も多くあったために利用する時には
十分な注意が必要と考える人も多いようです。

ただ追い焚きが出来るので水道料金の節約ができるとバランス釜を好んで使う
という方もいると聞いています。

高齢者向けのアパートではそれほどバランス釜が嫌われず、問題なく入居している
という賃貸住宅も多くあります。

アパートのターゲット層をどれ位の年齢にするのかによってバランス釜の
リフォームが効果的になるのかは変わりそうです。

■賃貸アパートのバスルームをリフォームする時にかかる費用はいくら?

・ ユニットバスの効果にかかる費用は?
・ バスルームのリフォームで入居希望者が増える?

最近の賃貸アパートに欠かすことが出来ない設備の1つにバスルームがあります。
バス・トイレなしという物件はとても集客力が低いと言われています。

昔ならバス・トイレなしの物件の方が家賃が安くなるのである程度の需要がありましたが
最近ではバス・トイレ協同という物件はかなり人気がなくなっています。

それに狭い空間でも設置することが出来るユニットバスが開発されているので
簡単にアパート全室にバス・トイレの設置をすることができます。

そのために多くのアパートではユニットバスの設置がされるようになりました。

でもこのユニットバス、年数が経ってくると交換が必要になります。
この交換のためのリフォーム費用はどれ位必要なのでしょうか?

ユニットバス以外にも従来工法のバスルームをリフォームする場合の費用などは
やはりかなりかかってしまうのでしょうか。

それだけの費用をかけてもバスルームのリフォームはするほうがいいのでしょうか?
入居希望者はバスルームの違いで大きく変わるのでしょうか。

バスルームのリフォームについて色々と考えてみます。

■ユニットバスの交換にかかるリフォーム費用は?

・ 単純に交換をするだけなら50万円程度
・ 工務店のパック商品ならもっと安くなる可能性も

まずはユニットバスを交換する場合のリフォーム費用について調べてみます。
現在ユニットバスを使っている部屋で新しい商品に交換する場合です。

ユニットバスの商品価格は大体20万円から30万円程度です。
これに工事費が加算されて大体50万円弱くらいになるそうです。

ユニットバスの場合は防水性が高く床や柱などにダメージがかかりにくいので
配管の腐食などがなければもっと安くなる可能性は高いです。

最近ではかなり多くのユニットバスのサイズが販売されているので特殊な形をした
バスルーム以外なら既製品が十分に使えます。

その為に工務店のパック商品、解体費から設置費とユニットバス本体まで含めた
セット商品の取扱もされています。

こちらのパック商品なら大体30万円程度でユニットバスの交換ができます。
ただし商品が指定される可能性は高いようです。

■ユニットバスの交換でバス・トイレ別の部屋を作ることが出来る?

・ 最近では3点ユニットバスの人気がない
・ 色々なタイプのセパレートユニットバスがある

ユニットバスの交換をする時に気になるのがバス・トイレを別にした商品です。
最近では3点ユニットバスの人気がなくなっています。

3点ユニットバスはバス・トイレと洗面台が一緒になったユニットバスです。
バスを使っている時にトイレが使いにくいというデメリットがあります。

単身向けアパートに多く使われていたのですが最近では単身の方でもバス・トイレ別を
望む方が多くなっているようです。

そのためにユニットバスの商品としてもバス・トイレを別々に利用できるような
セパレートタイプのユニットバスが取り扱われています。

単純にユニットの中でバスとトイレを分けるだけではなく、入り口も分けて
それぞれを別に利用することができるようになった商品も多くあります。

既存のユニットバスと同じサイズで作られているので配管工事が必要になりますが
基本的に3点ユニットバスと交換をすることが出来るという魅力もあります。

バス・トイレ別の部屋を作りたい時にはとても便利なリフォーム方法です。

■バスルームのリフォームで集客力をあげることが出来る?

・ 従来工法のバスルームをユニットバスにするのは50万円以上かかる
・ リフォーム費用をどれ位の期間で回収できるかを計算する

ユニットバスの交換には30万円から50万円程度の費用が必要になります。
でもバスルームをリフォームするだけで集客力を上げることは出来るのでしょうか?

確かにユニットバスは手軽できれいに利用できるメリットはありますが、従来工法の
風呂場をユニットバスにする場合はリフォーム費用が50万円以上かかります。

バス・トイレなしの部屋にユニットバスを設置するなら配管工事も必要なので
100万円程度のリフォーム費用がかかるようになります。

これだけの費用を家賃収入で回収するには何年かかるのでしょうか?

確かにバス・トイレをきれいにすることで家賃を上げることが出来るかもしれません。
それでもバスルームのリフォームだけで集客力を上げるのはかなり厳しいところです。

アパート全部を建て替えするまでの期間と家賃収入を考えてどのようなリフォームで
入居希望者を集めるのかよく考えてから工事をしましょう。

■玄関ドアのリフォーム費用はどれ位かかる?

・ アパートの玄関ドアのリフォームはどうする?
・ リフォームにかかる費用はいくら?

賃貸アパートでは入居希望者を増やすために色々なリフォームをすることがあります。
人気の設備を導入する、和室を洋室に変更するなどが一般的です。

でもそれ以外にもリフォームが必要になることは多くあります。
退去者が出た後のクリーニングもリフォームの1つです。

特に古くなった設備を交換することは入居者がいるときでも必要になる場合も。
修理が必要になる設備は意外に多くあります。

中でも直ぐに修理が必要になるのは玄関ドアです。
破損などで交換することも多くあるそうです。

でも退去者が出た後に玄関ドアのリフォームはどうすればいいのでしょうか?
入居者を増やすためにもリフォームはした方がいいのでしょうか?

それに玄関ドアのリフォームにはどれ位の費用がかかるのでしょうか。
また玄関ドアだけのリフォームをする事はできるのでしょうか。

玄関ドアのリフォームについて詳しく調べてみました。

■玄関ドアのリフォームはした方がいい?

・ 防犯上に理由でするオーナーも多い
・ 地方によっては断熱仕様のドアにすることも

まずは玄関ドアのリフォームをした方がいいのか、という疑問には多くのオーナーが
必要があると答えるようです。

アパートの場合でも退去者が出た後には鍵を交換することは多くあります。
それ以外にもあまりに古いドアでは防犯対策が取られていない可能性が高いようです。

そのためにドア自体を交換して防犯性能を高めることが入居希望者を増やすためには
必要というオーナーも多くいました。

それに地方によっては断熱性の高い玄関ドアにすることが必須というところもあります。
部屋の温度を下げないために玄関ドアはとても重要になります。

ワンルームなど室内と玄関ドアがつながっている部屋では暖房効率を上げるために
断熱性のドアにする必要があります。

玄関ドアは入居希望者を集めるために重要な設備の1つ、という認識をしている
アパートオーナーは意外に多くいました。

■玄関ドアのリフォームにかかる費用は?

・ ドアの商品価格によっても金額が変わる
・ 工事費用を含めると大体20万円程度

では実際にアパートの玄関ドアをリフォームするための費用はどれ位が
相場なのでしょうか?

他の設備と同様に玄関ドアも商品価格があります。
その商品価格によってもリフォームに必要な金額は変わってきます。

一般的な玄関ドアを付け替える場合、商品価格と工事費用を合わせて20万円から
30万円程度の費用がかかります。

玄関ドアのリフォームをするときにはドアを取り付けるフレームを交換するか
そのまま利用するかで料金が変わるようです。

フレーム交換も必要なリフォー無の場合は25万円くらいが最低ラインの金額で
やはり商品価格によって金額が変わります。

後は工務店によっては指定の商品を利用してのリフォームをすると料金の割引が
出来るという可能性もあります。

リフォーム費用は建物の状態や交換する商品価格などでかなり金額が変わってきます。
その為に見積もりをきちんともらうことが必要になります。

■リフォームの見積もりは複数の業者からもらうのがおすすめ

・ 地元業者にはかなり安く出来る可能性もある
・ 管理会社の紹介よりも安くできるところを探せる可能性も

リフォーム業者は大手以外にも多くのところがあります。
地元業者の中にも外装リフォームができるところは多くあるはずです。

そこでリフォーム業者を探す時にはまず見積もりをもらってどれ位の費用で
工事ができるのかをしっかりと把握することが必要です。

この時にできれば複数の業者から見積りをもらうようにしましょう。
比較検討して業者を頼むことが出来るようになります。

賃貸アパートの場合は管理会社から業者を紹介されることも多いのですが
そのリフォーム業者の言い値でそのまま支払いをするとかなりの高額になることも。

そこでインターネット等でいいので簡易見積りを複数の業者からもらっておけば
ある程度の相場がわかり、どれくらいの金額が必要になるかも把握できるようになります。

当然リフォームはその建物の状態などで金額が変わるので簡易見積りでは詳しい費用が
わからないことも多くあります。

でもリフォーム価格の相場がわかれば見積金額が何故その値段になるのかを聞くことが
出来るようになります。

場合によっては価格交渉の武器になることもあるので簡易見積りでも複数の業者から
もらっておくことをおすすめします。

■賃貸アパートの集客力を上げるためのリフォームとは?

・ デザイナーズマンションのようなリフォームは人気がある?
・ リフォームにかかる費用はいくら?

築年数が高くなったアパートでは設備などが古くなってしまいます。
設備交換のリフォームにはそれなりの費用が必要になります。

ただ設備交換をするだけでは築年数の高いアパートでは集客力に不安があります。
人気がなくなると入居希望者が少なくなり家賃収入が厳しくなることも・・・

そこで人気が出るようなリフォームを考えるオーナーも多くいます。
実際にアパートのフルリフォームも多くの物件で行われています。

その時に入居希望者を増やすためにデザイナーズマンションのような部屋に
リフォームをする、というオーナーも多いそうです。

建物全体を建て直すのではなく部屋のリフォームでデザイナーズ風の部屋に
改造することは出来るのでしょうか?

またそのようなリフォームをする場合にどれ位の費用がかかるのでしょうか?
賃貸アパートのリフォームについて色々と確認してみます。

■デザイナーズ風アパートの人気は高い?

・ リフォーム後の入居希望者は多くなる場合が多い
・ 築年数が高くても部屋がきれいならば問題にはならない

まずはリフォームをしたアパートの人気について確認をします。
デザイナーズ風アパートの入居希望者は多くなるのでしょうか?

賃貸アパートの人気は立地条件が大きく関係してきます。
駅に近い、住環境がいいなどそれぞれに希望する条件があります。

多くの人の条件にあっているアパートは築年数に関係なく人気があります。
同様に部屋の設備がきちんとしていれば築年数はそれほど問題になりません。

実際にフルリフォームをしたあとのアパートには入居希望者が増えるという
状況は多くのところで見かけることができます。

ただ部屋の中をきれいにしただけではそれほど入居希望者が増えない可能性も。

外装や屋根、外階段などは多くの方が最初に見るアパートの顔というべき設備です。
ここが汚いままだと第一印象が悪くなり、集客力も下がると言われています。

庭の手入れ、退去後の部屋の掃除などはオーナーでも出来ることです。
できるだけきれいに見せることが入居希望者を増やすためには必要になります。

■実際にリフォームにかかる費用は?

・ 工事内容や状況によって費用は大きく変わる
・ 工務店によっては安く交換できる設備がある可能性も

では実際にデザイナーズマンションのようにアパートをリフォームするには
どれ位の費用がかかるのでしょうか?

リフォーム費用はその建物の状況や選んだ設備などによって大きく変わります。
その為に大体の目安くらいの金額がわかる程度です。

例えばワンルームのアパートをフルリフォームした場合、大きく内装の変更を
しなければ40万円程度で出来る可能性もあります。

でも収納の位置を変更する、設備を大幅に変更するなどのリフォームをすると
160万以上のリフォーム費用がかかるということもあります。

設備の交換でもミニキッチンなら10万円程度で配管工事まで出来ますが
システムキッチンは商品価格だけでも100万円近くするものもあります。

柱などの腐食や耐震補強工事なども考えるとリフォーム費用はかなり幅が出てしまいます。
アパートの状態によってもかなり金額が変わるようです。

ただ、工務店によってはリフォームの時に特定の設備を利用することで安く出来る
という可能性もあります。

提携している業者の設備を導入すると割引されることもあるのでまずは工務店などに
相談をしてみることがおすすめです。

■リフォーム前には相見積もりをするのがおすすめ

・ 業者によってリフォーム費用は変わる可能性が高い
・ ネット上の一括査定サイトも上手に利用する

リフォーム費用はそのアパートの状況や工務店によっても大きく変わります。
そこで工務店を選べば安く出来る可能性は高くなります。

まずリフォームを頼む時に工事見積もりをもらうのですが、その見積りは必ず
複数の業者からもらうようにしましょう。

見積書には工事の内容とそれにかかる費用が明記されています。
それを確認しながら少しでも安く出来る業者に頼む、という方法がとれます。

それと相見積もりをすることで多少の値引き交渉が出来る可能性も。

それにインターネット上では簡易見積りを一度の入力で複数の業者からもらえる
一括見積もりサイトもあります。

簡易見積りですが一度入力するだけで複数の業者から見積もりがもらえるので
業者を探すためにも十分に使うことができそうです。

ネット上の便利なサイトも上手に利用してリフォーム費用を抑えるようにしましょう。

■大手業者の大和ハウスでアパートのリフォームは出来る?

・ 大手業者の賃貸アパートリフォームは安心?
・ 大和ハウスでリフォームをした時の費用は?

賃貸アパートの経営をしている時に気になるのはアパートのメンテナンスです。
退去者が出た後のクリーニングを始めリフォームは必要になります。

築年数が高くなると入居希望者も減ることが多くなりますが、その時には
リフォームをすることで入居希望者を増やすこともできます。

でもどんな業者にリフォームを頼むのがいいのでしょうか?

大手業者にアパートリフォームを頼むと安心して任せることが出来るのでしょうか。
それとも金額的な問題で地元業者に頼むほうがいいのでしょうか?

例えば大手業者の大和ハウスでは賃貸アパートのリフォームは行っているのでしょうか?
行っているならどれ位の費用がかかるのでしょうか?

大手業者の賃貸アパートリフォームについて確認をしてみました。

■大和ハウスでは賃貸アパートのリフォームをしている?

・ グループ会社の大和リビング株式会社で行っている
・ 建築、リフォーム、一括借上なども行っている

大和ハウスのリフォームを調べてみたところ、大和ハウスのグループ会社で
大和リビング株式会社が賃貸アパートのリフォームを行っていました。

大和リビングは大和ハウスが100%出資している完全子会社です。
主な業務は賃貸住宅の管理で入居希望者向けのサービスも提供しています。

大和リビング自体は賃貸住宅管理会社ですが、オーナー向けのサービスとして
建築やリフォーム、一括借上などのサービスも行っています。

インターネット回線の設置など入居希望者を増やすためのリフォーム工事なども
行っているようです。

長期安定運営ができるように賃貸アパートオーナーをサポートする、というのが
営業目的と説明しています。

では実際に大和リビングで賃貸アパートのリフォームをした場合、どれ位の費用で
リフォームをすることが出来るのでしょうか?

リフォーム費用はアパートの大きさなどでかなり変わるので詳しい金額を調べることは
難しいです。

そこで実際にリフォームを頼んだオーナーの口コミ評価を確認してみます。

■大和リビングでアパートのリフォームをすると安い?

・ 見積りでは高めになると感じた方が多い
・ 工事担当をする工務店との連携が悪いという意見も

実際に大和リビングでリフォームを頼んだアパートオーナーの口コミを調べてみると
価格的な評判はあまり良くありませんでした。

実際にリフォームを担当するのは関連子会社や下請け会社なので大和リビングでは
中間マージンをもらうことになります。

その為に地元の工務店にリフォームを頼んだ時に比べるとどうしても料金が高く
設定されてしまいます。

相見積もりをしたときにも大和リビングの見積りは他よりも高かったという意見も
みることが出来ました。

それと気になる口コミでは工事を担当している工務店との連携が悪く、希望している
工事内容になっていなかったという意見もみることが出来ました。

ただすべての大和リビングの担当者が悪い印象だった、という訳でもなく大和リビングに
頼んでよかったという口コミをみることも出来ました。

大和リビングはリフォーム業者の中では大手になります。
その大手業者に賃貸アパートのリフォームを頼むメリットもあると思います。

■大手業者にリフォームを頼むメリットとは?

・ 保証制度がありリフォーム工事のあとも安心できる
・ 別の会社の確認が入るので工事が丁寧になる

大和ハウスグループのような大手業者にリフォームを頼む場合のメリットとは
どんなところがあるのでしょうか。

まず大手業者の場合は保証制度が充実していて工事のあとに万が一の問題があっても
無償でやり直しをすることができます。

保証期間内なら何度でも無償修理などが出来るというところもあるので工事のあとも
安心することができます。

それに大手業者で工事を頼むと下請などの業者に工事を任せることになります。
大手業者の担当者は工事が契約どおりに行われているかの確認をします。

当然地元業者でも確認作業はありますが、こちらは同じ会社の営業担当などが
確認作業をすることになります。

大手業者では他の会社の確認作業になるので確認自体がとても厳しくなります。
手抜き工事などが発生しにくくなるというのもメリットだと思います。

ただし大手業者の営業担当者がしっかりとした人間の場合に限ります。
口コミでもあったような工事担当者との連携が取れないような営業では不安です。

大手業者の頼む時は営業担当者が信頼できる人であるのかをきちんと見分けることも
重要になりそうです。

■アパートをリフォームする時期目安はどれ位?

・ 何年くらいでリフォームをすればいい?
・ 大規模なリフォームが必要になる時期はどれ位?

賃貸アパートでは退去者が出ると室内の清掃などをします。
原状回復のためのクリーニングなどですが、広い意味ではこれもリフォームです。

生活をしていると部屋のいろいろな設備などが汚れてきます。
例えば壁紙や天井のクロス、フローリングやカーペットです。

これらを元の状態に戻すためのリフォームが原状回復のクリーニングです。

これは退去者が出る度に行われるリフォームですが他の設備の修繕や交換は
どれ位の期間で行うのがいいのでしょうか?

エアコンなどの設置型の家電、ユニットバスなどの設備にも交換時期はあります。
それはどれ位なのでしょうか?

賃貸アパートのリフォーム時期について詳しく調べてみました。

■リフォームにはどのような種類の工事がある?

・ 原状回復、設備交換のためのリフォーム
・ アパートの価値を高めるためのリフォーム

まずアパートのリフォームにはどのような種類があるのかを考えてみます。
通常の原状回復のためのクリーニングもリフォームの種類の1つだと考えられます。

これと同じように設備が古くなった、壊れてしまった時に行う交換リフォームも
賃貸アパートで行われるリフォーム工事の1つです。

設備を交換することでいろいろな機能をつけることが出来ますが、基本的にはこれも
原状回復のためのリフォームという形に近いです。

これらの工事とは違う目的で行われるのが価値を高めるためのリフォームです。

最近ではインターネット無料の部屋が注目されていますが、そのための回線導入をする
という工事は原状回復工事とは全く違うタイプのリフォームです。

周辺地域の他のアパートとは違った魅力を付けるために行うリフォームがあります。
こちらは設備の破損などの時期とは関係なく、集客力を目安に行われる工事です。

ではこれらのリフォーム工事はどれ位の周期で行われるのでしょうか?
工事の時期を確認してみます。

■それぞれのリフォーム工事はどんな時期に行われるか?

・ 設備交換は耐用年数を目安に交換されることが多い
・ 価値を高めるリフォームは建て替えまでの期間によって変わる

まず原状回復のクリーニングは退去者が出た時に行われるリフォームです。
この時に設備の交換が必要になるのかを一緒に確認しておきます。

一般的に設備交換の目安になる期間はあります。
例えば5年から10年位は細かな修繕箇所のリフォームが多くあります。

浴室ドアなどの腐食、カーペットの摩耗や天井クロスの汚れ、ベランダの手すりの
塗り直しなどが主なリフォーム箇所です。

10年から15年位は色々な設備交換が必要になり始めます。
階段や外装の塗り直しなども必要になってくる頃です。

15年から20年になるとキッチンやユニットバスの交換、屋根の葺き替えや
土台のシロアリ駆除なども考えられます。

大規模な修繕が必要になる頃に大きなリフォームをして価値を高めるような設備の
導入を考えることが多くなります。

ただし大規模なリフォームをしてからどれ位の期間、同じ建物を使うのかが
リフォームをするかの基準になります。

アパートの建物を20年で建て替えるつもりなら早めの設備交換などで大規模な
リフォームをせずに建て替えまで集客力をもたせることを考えます。

40年以上賃貸アパートとして利用するなら20年位で一度建物の基礎まできちんと
確認をするくらいの大規模リフォームをしてもいいと思います。

リフォーム時期の目安は経営計画によっても変わってくるようです。

■リフォームは費用対効果を考えて行うのがおすすめ

・ 大規模修繕をするなら家賃収入で回収できる期間を確認
・ 家賃を上げても入居希望者が呼べる部屋にすることが重要

大規模な修繕をするときにはその費用を家賃収入で回収できるのかを見極めるのも
重要になります。

それに大きなリフォームをすることで家賃を上げることが出来るのか、その家賃で
リフォーム費用を回収できるのかを考えることも必要です。

人気の設備などを導入して周辺のアパートとの差別化ができれば今の家賃よりも
高くしても入居希望者を集めることが出来る可能性があります。

逆にリフォームをしても家賃を下げなければ入居希望者を集めることが出来ない
という状況ではリフォーム費用の回収が難しくなります。

リフォームをした後にどれ位の期間、賃貸アパートとして営業するのかなど
アパートオーナーとして考えることはかなり多くあります。

リフォーム費用をかけても賃貸アパートとして家賃収入を計上することが出来るのか
それがリフォームを決める時にはとても重要になります。

大規模なリフォームをするときには時期の見極めも重要になりそうです。

■アパートのリフォームをする時に利用で来る助成金ってある?

・ 住宅リフォームの工事費用を国が助成してくれる?
・ リフォーム費用の助成金は賃貸アパートのリフォームにも使える?

住宅のリフォームにはかなり大きな費用が必要になります。
耐震工事などが必要な住居の場合、工事ができないと大変なことになります。

そこで国や地方自治体では必要と思われる工事に対して一定の条件をつけて
工事費用を代わりに負担してくれるような制度を作りました。

これが助成金と言われるもので、条件をクリアすることができれば返済の必要がない
助成金を受け取ることが出来ます。

当然最大金額が決まっていてリフォーム工事全てに適応されるわけではなく
書類申請も必要になります。

それでもリフォーム費用の負担を減らすことが出来るのでとても魅力的です。

でもこのような助成金、賃貸アパートのリフォームにも使えるのでしょうか?
賃貸アパートでも設備の修繕などで定期的にリフォームは必要になります。

そのリフォーム費用の負担を減らすような助成金が何かあるのでしょうか?
国の制度などを確認してみました。

■現在は賃貸アパートリフォームのために行われている助成金はない

・ 以前は賃貸アパートに利用できる助成金制度があった
・ 戸建住宅リフォームに使える助成金が賃貸でも利用できる?

改めて助成金を調べてみると現在では賃貸アパートのために作られている助成金制度は
ありませんでした。

以前は住宅セーフティネット整備推進事業と言うものがあり、こちらから助成金が
支給されていました。

一定の審査基準がありそれにクリアできれば最大100万円のリフォーム費用の助成金が
支給されるというものです。

ただ現在ではこの助成金制度はありません。

この制度が利用できたのは実質1年位で殆どのアパートオーナーが知らない間に
終了していました。

しかもこの制度を知っていたのは大手の建築業者のみでアパートオーナーには
知られていない制度と言われています。

審査基準も厳しく最大の助成金が利用できることはあまりなかったと聞いています。
これ以外にアパートのリフォームに利用できる制度はないのでしょうか?

もっとよく調べてみると現在利用できるのは住宅リフォームの制度の一部が
賃貸住宅でも利用できそうということでした。

■賃貸アパートでも利用できる助成金制度とは?

・ エコ住宅にリフォームするための助成金制度は賃貸住宅でも利用可能
・ 設置する商品がある程度決められている

現在住んでいる住居をエコ住宅にリフォームする時に助成金が出る制度があります。
基本的には戸建住宅や分譲マンションに適応する制度です。

でも賃貸アパートでも条件付きですが利用する事が出来ます。
その条件とは全戸のリフォームが必要になる、と言うものです。

エコ住宅へのリフォームの対象になるのは太陽光発電装置を使った蓄電システムや
給湯器の設置、高性能建材を使ったリフォームなどです。

高性能建材とはガラスや耐熱材などに指定された商品を使うことで冷暖房の効率を
良くすることでエネルギー消費量を下げることが出来る建材です。

条件に適応することができれば最大150万円の助成金を受け取ることが出来ます。
建材の適応がない場合には最大3分の1までの助成金になるそうです。

賃貸アパートでもエコ住宅を考えているオーナーにとっては利用できますが
一般的なアパートではかなり厳しい条件でした。

■リフォーム費用を抑えるために出来ることは?

・ 見積りをきちんと把握して余計な出費を抑える
・ 相見積もりをすれば安く出来る可能性も

エコ住宅の助成金は工事の期間なども決められてしまうので実際にアパートの
リフォームで利用するにはかなり難しいという印象です。

この他に賃貸アパートで利用できる助成金は現在ではほとんど見つけることが
出来ないと思います。

そこで少しでもリフォームの負担を減らすためには工事費用の確認をしっかりと
行うことがおすすめです。

リフォーム業者に頼む前に見積もりをもらうと思いますが、その内容はしっかりと
確認をしておきましょう。

外装修繕に必要な足場代金は業者によって変わりますが、相場よりかなり高い金額を
要求してくる所もあるそうです。

それを防ぐためにも複数の業者に見積もりを頼んで比較検討することがおすすめです。
インターネット上には一括査定サイトなども多く見ることができます。

これらを使えば簡単に複数の業者の簡易査定をもらうことが出来ます。

他の業者の見積もりは値段交渉の材料にすることが出来る場合もあります。
相場確認のためにも役立つので相見積もりをすることはかなりおすすめです。